お悩み・ご相談はお気軽に 075-954-3825

〒617-0833 京都府長岡京市神足1-15-5

京都府長岡京市の内科・循環器科です。予防接種、生活習慣病、往診などのご相談はお気軽に。

内科

睡眠時無呼吸症候群

往診について

お問い合わせ

qrコード

生活習慣病について

生活習慣病として主にあげられるのは、肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧 の4つ。
更に最近になってからは、3大生活習慣病としてガン、心疾患、脳血管疾患が上げられています。生活習慣病が原因で亡くなる方は、年々増加の傾向にあります。
忙しい現代において、生活習慣が乱れているのはごくごく当然のこととなりつつあります。

糖尿病について

糖尿病は、病気にかかっているという自覚症状がないので、発見は困難と言われています。動脈壁にコレステロールなどの沈着、変性などが起こって弾力性が失われ、血管が硬化した状態である動脈硬化症の原因となるだけではなく、神経障害、網膜症、腎症などといった合併症をも引き起こしてしまいます。

糖尿病の予防・改善には、栄養のバランスのとれた食事をする必要があります。
時間と食べ方にも気を配ることでさらに糖尿病を改善することができます。
糖尿病は、カロリーはもちろん、糖分、脂分、塩分、
すべてを調整して食事をとらなければなりません。
また、多くの食品をバランスよく食べることによって多くの栄養を得る必要もあります。

詳しくはこちら

高脂血症

高脂血症と診断された場合、高脂血症が原因で引き起こされている可能性のある別の病気があるかどうかと、糖尿病、腎臓病などによって血液中の中性脂肪やコレステロールの値に異常がでているかどうかを調べる必要があります。

このように、動脈硬化などを起こす引き金となることの多い高脂血症は、心臓病や腎不全を起こすことが多いといわれています。

高脂血症の基本的な予防と改善方法は、食生活の改善です。
高脂血症の場合には、コレステロールに注意して献立を立てていく必要があります。
積極的に食べておきたいものは、お米や麦などの穀類、海藻や野菜、キノコ、豆腐などに含まれる食物繊維、
にんじんやピーマン、トマト、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、魚の脂などです。

詳しくはこちら


このページの先頭に戻る