お悩み・ご相談はお気軽に 075-954-3825

〒617-0833 京都府長岡京市神足1-15-5

京都府長岡京市の内科・循環器科です。予防接種、生活習慣病、往診などのご相談はお気軽に。

糖尿病

睡眠時無呼吸症候群

往診について

お問い合わせ

qrコード

糖尿病とは?

血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気です。すい臓から分泌されるホルモンである「インスリン」に異常が生じることで起こります。インスリンは通常、食べ物をエネルギーに変えて、体内で利用するために必要なホルモンです。血糖値を下げる働きがあるので、インスリンの機能が低下すると血糖値が高くなり、全身に影響が及びます。

糖尿病の原因

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、原因が異なります。

1型糖尿病

自己免疫によってインスリンがほとんど作られなくなってしまうことによって、比較的若い頃に発生します。

2型糖尿病

遺伝に加えて、運動不足、肥満、食べすぎ、飲みすぎ、喫煙などの生活習慣によって、インスリンの機能がだんだんと悪化することによって生じます。中年層に多く、発病のスピードとしては数年単位で推移し、ゆるやかです。日本人の糖尿病の90%以上が2型糖尿病に該当します。

糖尿病の症状

血糖値の高い状態が続くと、次のような症状があらわれます。
しかし、軽症の糖尿病の場合、自覚症状がみられないことが多く、発見が遅れることがあります。

代表的な自覚症状

*尿の量が多くなる(多尿)
 糖は尿に出るときに、同時に水分も一緒に出すために尿の量が多くなります。

*のどが渇いて、水分をたくさん飲む(口渇、多飲)
 多尿のため脱水状態となり、のどが渇き、水分をたくさん飲みたくなります。

*体重が減る
 糖が尿に出るために、体のたん白質や脂肪を利用してエネルギー源とするためです。

*疲れやすくなる
 エネルギー不足と、体重減少により疲れを感じやすくなります。

糖尿病の経過

1型糖尿病では、尿が増える、のどが渇くといった症状が急に起こりますが、2型糖尿病では気づかないうちに発症し、ゆっくりと進行します。つまり、症状が無い状態のまま、糖尿病が進行していることがあるのです。また、症状が無いからといって血糖コントロールを行わずにいると、合併症を引き起こします。

患者さんによって経過は異なりますが、早期では食事や運動で血糖コントロールができますが、年を追うごとに難しくなり、内服薬での治療が必要となります。さらに悪くなればインスリンなどの注射による治療が必要になります。治療によって血糖値がほぼ正常にまで改善しても、糖尿病そのものが治るというわけではありません。治療を中止すると、ふたたび血糖値は高くなってしまいます。定期的な検査と治療を続けることが大切なのです。

糖尿病の検査

糖尿病は症状がないことが多いため、検査がとても重要です。進行度合いを定期的にチェックすることも大切です。

血糖値検査

「空腹時血糖値」「食後血糖値」で検査を行います。場合によってはブドウ糖水溶液を飲んだ上で血糖値を検査する「経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)」を行います。

HbA1c(ヘモグロビンエ-ワンシー)

血糖値が高くなるとHbA1cの値も高くなるため、糖尿病診断の目安となっています。

糖尿病の合併症

糖尿病が恐ろしいのは、重度の合併症をともなう点です。血糖値が高い状態が長く続くと、合併症が起こる可能性が高くなります。一旦、合併症を生じると生命の危険やQOL(生活の質)の低下は避けられません。自覚症状がなく進行するので早期発見、早期治療が肝心です。

細小血管症

細い血管にみられる糖尿病に特徴的な合併症です。「糖尿病の3大合併症」と呼ばれる病気を指します。
 

*糖尿病網膜症
 腎臓が正常に機能しなくなり、老廃物を尿として処理する機能がなくなる病気のこと。
 最終的に人工透析が必要になります。
 

*糖尿病腎症
 腎臓が正常に機能しなくなり、老廃物を尿として処理する機能がなくなる病気のこと。
 最終的に人工透析が必要になります。
 

*糖尿病神経障害
 手足の神経に異常をきたす病気のこと。チクチク、ピリピリとした痛みやしびれがあります。
 足の壊疽(えそ)から、最悪の場合は足の切断になりかねません。

大血管症

大きな血管の病気である動脈硬化により起こる合併症で、脳卒中や、心筋梗塞、足の壊疽などがあります。動脈硬化は糖尿病があると進行しやすくなり、合併症による深刻な状況を引き起こす原因になります。また、脂質異常症、高血圧、喫煙、肥満、加齢なども動脈硬化の危険因子ですので、血圧やコレステロール値などの検査も定期的に受け、血糖のコントロールに加えて、コレステロール値や血圧、肥満の改善、禁煙に取り組みましょう。
 

*脳卒中
 脳卒中にはいくつかのタイプがありますが、代表的なものは脳梗塞と脳出血です。脳の血管が詰まるタイプの代表が脳梗塞で、脳の血管が破れるタイプの代表が脳出血です。そのうち、糖尿病患者さんに多いのは脳梗塞で、手足の麻痺や言葉が急に出なくなる、ものが二重に見えるなどの症状がみられ、重症の場合は生命に関わります。このような場合は、ただちに神経内科や脳外科で救急治療のできる病院を受診しましょう。また脳卒中は命にかかわるだけでなく、手足の麻痺や言語障害などの後遺症が残ることも多く、患者さんはもちろん、ご家族の生活にも影響を及ぼします。
 

*心筋梗塞
 心臓の筋肉(心筋)に栄養や酸素を送る血管(冠動脈)の閉塞によって引き起こされる病気で、心臓の働きが著しく低下し、生命にかかわることがあります。糖尿病患者さんは冠動脈の動脈硬化を起こす危険度は高いとされています。症状としては、胸が締めつけられるような強い痛みがあらわれますが、糖尿病患者さんでははっきりした症状がみられないこともあります。
 

*末梢動脈性疾患
 足の血管の動脈硬化により血流が悪化することで引き起こされます。足やふくらはぎが痛くなり運動ができない、休みながらでないと歩けない(間欠性跛行(かんけつせいはこう))などの症状があらわれます。運動ができなくなり、生活の範囲も制限されてしまいます。さらに症状が進むと、潰瘍や壊疽を起こしてしまい、足を切断しなければならない場合もあります。

糖尿病の治療法

医師の指導のもと、治療を続けていきましょう。

食事療法

一日の適切なエネルギー量を守りましょう。目標は1日30品目以上、三食、規則正しく食事を摂ることが大切です。食べ過ぎはもちろん、間食をできるだけ控え、早食いをしない、アルコールは適量にすることなども心がけます。

運動療法

1日30分程度を目安に、身体に負担をかけすぎないウォーキングやジョギング、サイクリングなどを行いましょう。電車や車を利用せず、意識的に歩くように心がけるといいでしょう。

薬物療法

1型糖尿病では、体内でインスリンをつくることができないので、インスリン注射が必須です。2型糖尿病では、基本的に食事療法と運動療法により、症状が改善しない場合にインシュリン注射や経口血糖降下薬の服用行います。

このページの先頭に戻る